ホークス一筋・藤原満さん聞き書き「ぶれない」④有藤と三遊間組みリーグ初V

西日本スポーツ 野口 智弘

 ソフトバンクの前身である南海で一時代を築いたプレーヤーがいた。ガッツあふれるプレーでファンを魅了した藤原満さん(75)=西日本スポーツ評論家=だ。一昨年に亡くなった野村克也監督の下でチームプレーに徹し、低迷するホークスの中でいぶし銀の活躍を見せた。太いグリップが特徴の「ツチノコバット」を短く持って安打を量産したレジェンドの半生を聞き書き「ぶれない」でお届けする。

   ◇   ◇

 松山商を卒業した1965年春、近大に進学します。四つ上の三男喬が近大の野球部でしたから、卒業する兄に入れ替わる形です。

 同期で注目を浴びたのが、のちに「ミスター・ロッテ」と呼ばれた有藤通世。前年夏の甲子園で優勝した高知高の4番打者です。もっとも有藤は、初戦の第1打席で死球を顔面に受けて骨折。優勝時には病院のベッドで寝ていたそうです。

 野球部の合宿所は、奈良県生駒市にある「開明寮」。かつては料亭だったという木造建ての傾きかけたおんぼろ寮でした。当時の体育会系クラブの日常は、ほとんど軍隊生活ですよ。「態度が悪い」とかの理由で下級生は「集合」をかけられ、上級生にボコボコにされました。理不尽な仕打ちに何度逃げ出したいと思ったことやら…。

 監督は松田博明さん。「関西学生野球界のドン」として君臨した人です。関西では同志社、立命館などが所属する関西六大学(旧連盟)が人気のリーグでした。近大は近畿大学リーグの所属でしたが、松田監督は関西の4リーグ統一に尽力。62年から関西六大学を頂点として入れ替え戦を行う関西大学野球連合の結成に成功しました(同連合は82年に解体。近大は現在、関西学生野球連盟に所属)。

 新組織ができた62年春。近大はトップリーグの関西六大学に昇格しました。こうして私が入部した65年ごろは近大に優秀な選手が集まってきたのです。2年生の時には私と有藤ともレギュラーで三遊間を組み、66年春に近大は初優勝します。松山商時代の先輩で、この年のドラフトで大洋に1位指名される山下律夫さんがエース。松田監督も「この時のチームが近大史上最強」とずっと後になっても言ってくれました。

 事実、強豪の社会人チームとの練習試合にも負けなかった。プロ野球近鉄の当時の本拠地・日生球場をリーグ戦で使用していましたが、グラウンド整備員の人も「(万年Bクラスの)近鉄より君たちの方が強い」と言うほどでしたからね。

 満を持して出場した66年の全日本大学選手権。「打倒!関東」を合言葉に戦いましたが、惜しくも決勝で日大に敗れました。私が在籍した時代、近大は春、秋通算3度、リーグを制しました。当時の私はバットを長く持って振り回すスラッガー。日生球場で初めて体験したナイターで右翼スタンドに放り込んだホームランを覚えています。

 そうそう、最初は松田監督は186センチの有藤を大型ショートに育てる計画で、私はサード。ところが、ある試合で有藤が満塁でトンネルして、私と守備位置をスイッチしました。サードが本職だった私としては、いい迷惑ですよ。(聞き手・野口智弘)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ