高校サッカー 準決相手辞退の大津、今朝の検査「結果を食い入るように見ていた」

西日本スポーツ 末継 智章

 全国高校サッカー選手権で熊本県勢初の決勝進出を決めた大津の山城朋大監督が8日、オンライン会見で「昨夜は動揺を隠せなかった。ぽっかりと穴があいた感じ」と複雑な心境を口にした。同日の準決勝で戦う予定だった関東第一(東京B)の選手2人から新型コロナウイルスの陽性反応が出たため相手が辞退を表明し、大津の不戦勝となった。

 今朝、選手が抗原検査をした際は重苦しい空気だったという。「結果を食い入るように見ていた。次は自分たちの可能性があるんだと感じた」と山城監督。朝の練習開始時も元気はなかったが、平岡和徳総監督が「今できることは決勝に向けていい準備をするだけ。やってきたことを精いっぱい出し切ろう」と声を掛けると活気が戻り、紅白戦などで90分間汗を流した。

 7日には高校サッカー界をけん引してきた長崎総合科学大付高の小嶺忠敏監督が亡くなった。山城監督は「すごく大きな存在というのは選手たちも分かっていて、九州を背負って戦うことを共有した。九州、小嶺監督、さらに関東第一さんの分も戦う」と完全燃焼を誓った。(末継智章)

PR

高校サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング