J1鳥栖の川井新監督、目標は「昨季の7位以上」クラブ設立25周年の始動で誓う

西日本スポーツ

 J1サガン鳥栖が8日、佐賀県鳥栖市の北部グラウンドで始動し、今季から指揮を執る川井健太監督(40)らがオンライン会見に臨んだ。クラブ設立25周年の節目を迎える今季の目標として、川井監督は「昨季の7位以上」を設定した。

 J2愛媛の監督、昨季のJ2山形のコーチなどを経て、今季は初めてJ1のクラブで指揮を執る新監督は「オファーをいただいて即決した。鳥栖は若い選手が多く何かを変えようとしているチーム」と話すなど、新たなチャレンジに意欲的だ。

 7年ぶりに復帰した藤田直之らを含め、新加入選手は18人。この日が選手と初顔合わせとなった川井監督は「選手がいい顔をして、ピッチでもいい雰囲気で初日を迎えられた。いいスタートが切れた」とうなずいた。

 7日には新型コロナ陽性の選手が出たことを発表したが、チームはしっかりと動きだした。川井監督は「今までの走り勝つサッカーを続けながら、ゴールにこだわりたい。新たなサガン鳥栖を見せたい」と強調。チームを進化させて、J1上位を狙う。(前田泰子)

 

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング