【クローズアップ】秋山価値あるV目指す 【とこなめ】

西日本スポーツ

 たった1枚の敗者復活の切符は秋山直之(42)=群馬=の手に渡った。トーナメント4着で復活戦1着。中村桃佳も同じ足取りで抽選になり、先に秋山が選んだ札に「進出決定」の文字があった。「精神的ダメージが深くならないように」と“駄目で元々”の思考でつかんだ吉報。「まずファイナルに残らないことには優勝の権利はない。せっかく乗れたし、中村桃佳さんの分も頑張る」。責任感と上向きの気分を併せ持って最終決戦に臨む。

 6枠というのも前向きになれる材料だ。「大好きな枠。これで勝てれば価値も高まる。道中にこだわる自分のレースを見せて、結果としてファンに貢献できる形になればいいと思う」。9年前には戸田G1を枠なり6コースから制した屈指の旋回力。大好きだと断言できるのもうなずける。

 機力は「足も乗り心地も普通」と目立たないが、自分の走りを演じられるだけの水準にはある。アクシデント続きの今大会、最後も大穴決着へと導く。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング