ソフトバンク5位大竹風、グラブの刺しゅうに人気漫画「ハイキュー‼」の名言

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ソフトバンクのドラフト5位、大竹風雅投手(22)=東北福祉大=が9日、「ハイキュー魂」での飛躍を誓った。使用するグラブには人気バレーボール漫画「ハイキュー!!」の登場人物、北信介の名言「反復・継続・丁寧」と刺しゅう。大学時代は公式戦登板2試合のみだった右腕は、中学時代は控えながら強豪高校で主将となったキャラクターに自身の姿を重ね合わせる。プロの世界で地道に努力を続け、目標に掲げる絶対的な守護神を目指す覚悟だ。

   ◇   ◇

 鮮やかな赤のグラブに、大竹風はプロで生き抜くための覚悟を込めた。「ずっと入れようと思っていた」と刺しゅうした言葉は「反復・継続・丁寧」-。高校バレーを題材とした「ハイキュー!!」に登場する北のせりふの一部だ。主人公・日向が所属する烏野高が全国大会で対戦する稲荷崎高の主将を務める。

 北は中学時代にレギュラーを取ることができなかったが、真面目な性格で努力を欠かさず、高校で出場機会をつかんだ。大竹風も「最初はベンチだけど、チームをまとめる存在になる。自分も北さんみたいになれたら」と憧れる。

 大竹風の野球人生も、北の歩みに重なる。東北福祉大での公式戦登板は2試合、計2イニングのみ。同大はオリックス1位の椋木ら全国屈指の選手層を誇る上に、自身は3年秋に右肘のクリーニング手術を受けた影響もあって登板機会が限られた。それでも、将来性を見込まれ支配下で指名を受けた最速150キロ右腕は、プロで主力としての活躍を目指す。

 手術後の回復は順調で、すでに投球への影響などもないという。「(入寮までは)主に体づくりをメインに準備してきました。自分のペースで体づくりなどをしながらも、早く1軍で投げられるように」。10日からは、新人合同自主トレがスタート。一日も早い1軍デビューを目指しながらも、決して地道な姿勢を見失うことなく鍛錬を続けていく。

 目指す投手像については「サファテ選手のような絶対的な抑え、投げたらゼロという信頼がある投手になりたい」と話す。ホークスなどでプロ野球歴代5位の通算234セーブを挙げ、昨季限りで引退したサファテさんのような絶対的守護神が目標だ。地道な練習を丁寧に反復、継続し、鮮やかな花を咲かせる。(伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ