西武1位と2位が親密トレ、お風呂も一緒

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武のドラフト2位、佐藤隼輔投手(22)=筑波大=が9日、同1位の隅田知一郎投手(22)=西日本工大=との「左腕共闘」を誓った。埼玉県所沢市での新人合同自主トレで取材対応。キャッチボール相手との部屋での親密ぶりも明かした。

 “相方”とのキャッチボールを終えると、歩み寄って言葉を交わした。「カーブを投げたら、あっち(隅田)も投げてきて、すごく手首が柔らかい感じだった。すごいなと」。習得を目指すカーブについて、身ぶりを交えアドバイスを受けた。

 同じ大卒の左腕として「普段から仲良くしているので敵対視とかはなく、ともに高め合っていければいい」。寮生活でも親密ぶりを披露。「ずっと部屋に一緒にいる。だらだらテレビを見たり携帯をいじったり。一緒にお風呂にも行き、基本一緒に行動している」

 性格面でも相性は良さそうだ。「イメージ通りだった。自分と同じでゆったりしていて、一緒にいても居心地が悪くない」と明かした。もちろんプロの世界ではライバルとなるが、西武では中村と栗山のように同期で大きく羽ばたいた例も数多くある。「開幕1軍でローテを守れるように頑張りたいし、目標である新人王を取りたい」。気の合うドラ1の隅田にも新人王だけは譲れない。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング