西武ドラ3古賀、大学先輩DeNA牧ルーティンで定位置取りだ

西日本スポーツ

 西武のドラフト3位の古賀悠斗捕手(22)=中大=が10日、打撃力強化のため、中大で1学年先輩の牧(DeNA)のルーティンを導入したことを明かした。昨季、新人初のサイクル安打を達成した牧の打撃力を吸収し、定位置取りにつなげる決意だ。

 埼玉県所沢市の球団施設での新人合同自主トレでは、自慢の強肩をアピールした。一方で「やっぱり打撃が課題」と自覚。「打てる捕手」の代表格である森に負けないように、打力の向上に取り組んでいる。

 牧は打率3割1分4厘、22本塁打を記録。1年目から活躍した身近な先輩に目を付けて「(大学時代は)そばで見ていた牧さんに、どういう意識で打っているのかなどを聞きにいった」と明かした。教わったのはティー打撃で右手、左手と片手で順に打ち、その感覚を意識しながら両手で振るという広角に打ち分けるための準備だった。

 春季キャンプのA班(1軍)スタートが内定している正捕手候補は、開幕1軍を目指し、バットでも存在感を見せつける。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング