3位木村は「球界の横綱になる」 横綱輩出最多の北海道から来ました

西日本スポーツ

 ソフトバンクのドラフト3位左腕の木村(北海道・北海高)が“綱取り”を誓った。幼少時に、実家の隣に住む祖母とテレビ中継を見ているうちに相撲好きになったという。小学校時には北海道北広島市の大会で優勝。4歳上の兄にも「ガチンコ対決」で勝っていたという。最も多く横綱を輩出している北海道を離れ九州の地でプロの一歩を踏み出し「野球界の横綱になれるように頑張ります」と意気込んだ。

 新人合同自主トレ初日の練習では「直前に隣にいたので」と、同学年で1位の風間とキャッチボールを行った。支配下5選手のうち高校生は風間と自身の2人だけ。「(風間は)さすが高校生ナンバーワンピッチャーという球を投げていた。教わりながら、負けないように頑張ります」。ドラフト指名順という“番付”では上にいるライバルと切磋琢磨(せっさたくま)しながら「横綱」を目指す。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ