大会直前骨折の大津サイドバックが先発「感謝しかない」高校サッカー

西日本スポーツ

 全国高校サッカー選手権決勝が10日、東京・国立競技場で行われ、初めて決勝に進出した大津(熊本)は青森山田に0-4で敗れた。

 大会直前の練習試合で右鎖骨を折っていた大洲の主力メンバーでサイドバックの日高(3年)が決勝で今大会初出場を果たした。勝ち進む仲間を裏方として助けつつ、周囲の多大なサポートを受けて復帰に至った。痛み止めを飲んで国立のピッチを必死で駆け、前半40分で交代。「チームメートや平岡総監督、山城監督や多くの方々に感謝しかない。恩返しをしたかった」と頭を下げた。

PR

高校サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング