東矢昇太が完全優勝に王手だ ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイトは2日目の11日、各階層の準決をメインに展開。チャレンジ戦の3Rは、平総一が巧みな好位奪取から高橋綜一郎を一気差し。4Rは、牛田樹希斗が強引叩きで米嶋恵介をねじ伏せた。

 1、2班戦の7Rは山崎駿哉が会心のカマシ逃げで快勝。8Rは石丸寛之が終3半3番手から直線突き抜け。9Rは東矢昇太が番手抜け出して連勝を決めた。

 最終日の8Rチャレンジ決勝は米嶋、9Rの1、2班決勝は東矢の完全Vに期待する。

 

【8R・チャレンジ決勝のコメント】
(1)平 総一 原井君は動く勇気がね…。自分の状態は悪くないよ。高橋君。
(2)一ノ瀬貴将 高橋君が来たら番手を考えていた。脚は悪くない。牛田君。
(3)斎藤 仁 米嶋君を2着にしたのは自分のせい。申し訳ない。また米嶋君。
(4)米嶋恵介 牛田君に出られたし、結局は脚がなかった。自力で優勝を狙う。
(5)高橋綜一郎 最後まで粘り込めなかったし、踏み過ぎたのかな…。自力。
(6)牛田樹希斗 ラインで決められなかったが、地脚は発揮できました。自力。
(7)竹野行登 久々のレースであれだけ伸びたら悪くないですよ。九州3番手。

 

【9R・1、2班決勝のコメント】
(1)小林弘和 ミッドナイトは調整が難しく、感じが本当に良くない。東矢君。
(2)東矢昇太 今回から使っているフレームがA級に合っているみたい。自力。
(3)石丸寛之 野崎君には先行してほしかったね(笑)。山崎君に任せる。
(4)樫山恭柄 初日よりも感じよく踏めた。同期で同学年の宮本君マークで。
(5)永井清史 初日後にセッティングを調整したら、車が伸びた。単騎でやる。
(6)宮本龍一 (叩かれも2着)小林さんが仕事をしてくれたおかげ。自力。
(7)山崎駿哉 前が踏み合って展開が向いたし、調子も上向きです。自力。


<各レースの見どころ>

(1R)状態を戻したい木谷は柊元にマークせず、自力を宣言。柊元の番手は仲が良さそうな阿部が主張し、宮路は木谷の気合に懸ける。
【3連単】「餅は餅屋」ということで柊元から4=3―156。


(2R)準決で高橋の番手を簡単に奪われた大竹野。ここは自力戦で奮起する。
【3連単】大竹野から1―5―267。


(3R)原井が「動く自信がない」で、久保の番手を回る。それならばと田島がジカ競り宣言。
【3連単】逃げイチ久保が難なく押し切る。2着はヨコで負けない田島の4―1―257か、原井が競り負けても最後は脚で伸ばしての4―2―157。


(4R)石丸の前で先行できなかった野崎が、緊張感から解放されて本領発揮。同年齢の中近コンビが波乱の目かも。
【3連単】野崎から1―2367―2367と手広く。


(5R)S級時代のパワーに遠く及ばない下岡だが、最終日の一般戦なら強引策でも勝ち抜ける。
【3連単】下岡から1=3―256。


(6R)本調子ではない森安だが、確実にどこかで動く岡田マークで勝機。佐藤は本来の総力戦で上位進出だ。
【3連単】森安の決め脚が最上位で1―23―2347。


(7R)常識的な考えは長谷部の積極策で上田だが、状態いい高橋が飛び付き策を含めた総力戦で乱せば大波乱も十分か。
【3連単】岐阜コンビで2=1―345。穴なら高橋で4―15―1235。


(8R)準決2着に米嶋は「脚がないし、これでは特班できない」とがっくりも、すぐに気持ちを切り替えて「優勝だけは取ります」。捲り勝負なら斎藤の追走は厳しいかも。
【3連単】米嶋が前日の汚名返上で4―12―1256。


(9R)東矢は前回7着、7着だったが今回は1着、1着と真逆の成績で優出。絶好調とはいえないが、前期101点の底力は出せていてV筆頭だろう。番手の小林は調整に苦しんでいて逆転までは厳しそう。
【3連単】東矢の優勝で2―13―1345。狙いは弟子同然の山崎に任せる石丸のハコ捲りで3―124―1245。

 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング