ソフトバンク谷川原「シンプルにタイミングが一番大事」師匠柳田の教え胸に7年目の飛躍誓う

西日本スポーツ

 佐賀県嬉野市での自主トレを公開したソフトバンクの谷川原健太捕手(24)が12日、師匠柳田の“金言”を胸にさらなる飛躍を誓った。

 今回の自主トレで一緒に汗を流す柳田から教わった内容を「(打撃は)シンプルにタイミングが一番大事だと。タイミングが合わないと詰まったり(バットの)先に当たったりで、いい打球が打てない」と明かす。

 昨季はプロ初出場だった6月19日の日本ハム戦でプロ初安打を本塁打で飾るなど、59試合に出場。プロ7年目に向け「(ポジションは)こだわらず、出られる所で勝負するのが自分の生きる道。行けと言われたところでいける準備をしておきたい」と目を輝かせた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ