剣道の名将泉勝寿さん「お別れの会」コロナ禍で中止 熊本・阿蘇高を強豪に

西日本スポーツ

 熊本県剣道連盟は29日に予定していた元同県剣道連盟会長の故泉勝寿さんの「お別れの会」を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を考慮した。延期はしない。熊本・阿蘇高(現阿蘇中央高)剣道部を全国区の強豪に育て、昨年1月28日に78歳で死去した泉さんをしのび、同県阿蘇市の阿蘇体育館で開かれる予定だった。

 開催準備を進めてきた教え子の早瀬雄一・同県高体連剣道専門委員長(熊本・鹿本高監督)は「収束の見通しが立たない現況の中、ご参加いただくことの是非を慎重に検討し、皆さまのご健康と安全を最優先に決断しました」と話した。

 泉さんは私財を投じて自宅横に建てた道場「剣泉館」と寮で寝食をともにして鍛え、全国高校総体では男女ともに団体で頂点に導いた。玉竜旗大会では女子が5連覇を含む最多10度、男子は1度の優勝を飾った。

 教え子は2000年世界選手権で日本女子の団体戦優勝に貢献し、個人戦も制した河野朋子や、09年同選手権の個人戦で優勝した鷹見由紀子ら多数。問い合わせは、早瀬さん=090(8918)9875。

PR

剣道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング