ソフトバンク中村晃、栗原らが濃厚接触者 渡辺の陽性判定受け

西日本スポーツ

 ソフトバンクは14日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた渡辺陸捕手(21)と一緒に自主トレーニングをしていた全4選手とスタッフ3人が、保健所から濃厚接触者と判断されたと発表した。

 渡辺は中村晃外野手(32)と栗原陵矢外野手(25)、柳町達外野手(24)らと福岡市内で自主トレを行っていたが、11日に球団施設利用者に義務付けているスクリーニング検査で陽性疑いとなり、12日にPCR検査を受けて陽性と判定された。球団によると、他選手とスタッフはいずれもPCR検査では陰性で、保健所の指示に従い、経過観察を行いながら他選手などと接触しない方法・場所で自主トレを行うという。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ