ソフトバンクは松田らも新型コロナ陽性 熊本県で自主トレの3選手 佐賀県で自主トレの柳田ら3選手に続き

西日本スポーツ

 ソフトバンクは17日、熊本県で自主トレを行っていた松田宣浩内野手(38)、牧原大成内野手(29)、野村大樹内野手(21)と他球団の3選手、スタッフ1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 15日に一部選手が発熱など体調不良を訴え、16日にPCR検査を受けて松田らが陽性と判定された。現在は発熱などの症状はないといい、現在は保健所の指示に従い、公共交通機関を使わずに移動して、療養施設や自宅で療養している。

 ソフトバンクは12日に渡辺陸捕手(21)、17日は佐賀県で自主トレを行っていた柳田悠岐外野手(33)ら3選手の陽性判定も発表している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ