「球道くん」ゆかりのソフトバンク1位風間球打「名に恥じないように」水島さんに誓い

西日本スポーツ 鬼塚 淳乃介

 ソフトバンクのドラフト1位、風間球打投手(18)=ノースアジア大明桜高=は17日、自らの名前にゆかりのある水島新司さんの訃報を知り、改めて決意を新たにした。

 三男の風間を含め、風間家の長男は「球道」さん、次男が「球星」さん、四男は「球志良(きゅうしろう)」さんと名前にいずれも「球」の文字が入っている。父啓介さんが水島さんの大ファンで「球道くん」に影響されたからだ。作品は主人公の中西球道が各地を転々としながら高校やプロでライバルや仲間とともに成長していくストーリー。山梨で生まれ育ち、高校時代は秋田で成長し、福岡でプロの第一歩をスタートさせる風間に重なる部分も少なくない。

 「水島さんの気持ちというか、まだやり残したことがあるかもしれないのでその部分もしっかり自分がやって名前に恥じないようにやっていきたいと思っています」。風間は自身の名前に愛着を感じているという。「この名前をみんなに知ってもらえるように。活躍して新しい歴史を刻んでいきたい」。球道の由来は「球けがれなく道けわし」。水島さんが生み出したキャラクターに込めた思いをかみしめ、風間は飛躍を誓う。(鬼塚淳乃介)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ