逆襲のソフトバンクが大ピンチ コロナ禍にギータが熱男が…

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ソフトバンクは17日、佐賀県嬉野市で自主トレ中だった柳田悠岐外野手(33)、真砂勇介外野手(27)、谷川原健太捕手(24)とスタッフ2人、他球団選手3人、熊本県内で自主トレ中だった松田宣浩内野手(38)、牧原大成内野手(29)、野村大樹内野手(21)とスタッフ1人、他球団の選手3人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。ソフトバンクでは12日にも渡辺陸捕手(21)の陽性が判明。さらに少なくとも6選手が感染した。日本一奪還を狙う鷹に2月1日のキャンプイン目前で暗雲が垂れ込めた。

   ◇   ◇

 キャンプインまで約2週間となったホークスに衝撃が走った。球団は柳田、松田ら少なくとも6選手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたことを発表。オンラインで取材対応した井上勲広報室長も「調整に影響があると思う」と厳しい表情を見せた。

 嬉野の12人、熊本の13人の参加選手、スタッフは、15日に一部選手が発熱など体調不良を訴えたことで、16日にPCR検査を受検。嬉野組では、日本ハム清宮やロッテ安田ら他球団選手3人を含む8人が陽性判定を受けた。熊本組も17日夕時点でスタッフやDeNA宮崎ら他球団3選手を含む7人の感染が判明した。

 発表時点では感染者に発熱などの症状がなく、保健所の指導に従い、公共交通機関を使わず移動し、療養施設か自宅で療養。陰性の参加者も濃厚接触者判定まで自宅などで待機している。

 12日に渡辺の陽性も発表され、今オフの球団の新型コロナ感染選手は少なくとも7人。渡辺と一緒に自主トレをした栗原、中村晃、柳町らが濃厚接触者と判定された。

 今オフ、ソフトバンクは球団施設を使う選手、スタッフにスクリーニング検査を義務づけている。ただ、選手の契約期間外のため、球団施設利用者以外の検査義務はなく、外出制限もなかった。井上広報室長は「ルールづけはなかったが、普段から意識を持ってやってくれていた」と強調した上で「感染力がすごいのかな」とこぼした。

 無症状感染の場合、国が定める一定の期間療養した後、PCR検査で陰性が確認されれば解除となるが、検体採取日から最短でも1週間は要する。その間は外出できず、トレーニングは自宅でしかできない。

 春季キャンプの組分けは24日の監督・コーチ会議で協議。新キャプテンの柳田も、体調次第では筑後でのC組(3軍)スタートとなる恐れがある。2年ぶりのリーグ優勝、日本一を目指す2022年。新生藤本ホークスが出足からつまずいた。(伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ