「ドカベン」の世界を現実に! 「あぶさん」の背番号90つける小久保2軍監督の思い

西日本スポーツ 鬼塚 淳乃介

 ソフトバンクの小久保裕紀2軍監督(50)が18日、「あぶさん」や「ドカベン」に自身を描いてもらってプライベートでも交流があり、10日に死去した漫画家の水島新司さんを悼んだ。「あぶさん」の主人公景浦安武と同じ背番号「90」を背負い、今年から就任した2軍監督として水島漫画に登場する殿馬や岩鬼のような一芸で輝く選手を育てて1軍へ送り出すことを誓った。

   ◇   ◇

 「あぶさん」の背番号を背負って戦うことへの思いを新たにした。「大事にしたい番号です。先生の思いを忘れずに自分の心の中に置きながら野球人生を歩んでいきたい」。ヘッドコーチとして復帰した昨年からつけてきた「90」。18日に筑後のファーム施設を訪れた小久保2軍監督は、公私ともに交流を深めていた水島さんと過ごした日々を思い浮かべた。

 小久保2軍監督は水島作品に数多く登場してきた。「あぶさん」ではホークス一筋の主人公景浦と本塁打王争いを演じ、「ドカベン」ではルーキーの岩鬼に三塁のポジションを譲る姿が描かれた。自身を登場させてくれたことについて「出させてもらえるという時、自分がそこに登場していいのかと感じた」と明かし、「岩鬼は好きでした。ライバルだけど好きでしたね」と作品への愛を語った。

 ロッカールームなどで選手の生の表情を取材し、細かく描写してきた水島さん。日本ハムが東京ドームを本拠地にしていたころは、東京ドームのロッカーに毎試合駆けつけ「調子が悪く打てないときも声を掛けてもらった」と強いホークス愛を一身に受けた。

 プライベートでも親交を深めてきた。銀座でステーキを食べ、通算2000安打を達成したときなど節目には「あぶさん」が描かれた祝いの皿が届くこともあった。「(会うときは)ものすごくウキウキして行った思い出があります。あそこまでの人は出てこないんじゃないかなってくらい野球に対する愛があふれていた人だった…」と野球界に大きな功績を残した水島さんの訃報にさみしげな表情を浮かべた。

 今年から2軍監督として筑後から1軍の舞台へ若手を送り出す役割を担う。悪球打ちで本塁打を量産する岩鬼や、芸術的な打撃の秘技で魅了する殿馬ら特異な持ち味の選手たちが読者をワクワクさせてきた。今のソフトバンクも規格外のパワーを持つリチャードや異次元の走力がある周東ら、水島漫画に登場するようなキラリと輝く一芸を武器に台頭する選手が出てきている。「強烈なインパクトがある方が、一つ秀でたものがある方が、この世界では強い。そういう選手を見つけて伸ばしてあげられるようにやっていきたい」。水島さんが生み出してきたキャラクターを超える選手を、筑後から育て上げると強く誓った。(鬼塚淳乃介)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ