福岡・九州国際大付高の146キロ右腕が九産大へ 関東の大学ではなく地元九州でプロを目指す理由

西日本スポーツ 前田 泰子

 プロの夢は新しいステージで―。九州国際大付高の最速146キロ右腕、山本大揮投手(18)が福岡六大学リーグで5季連続優勝している九産大に進学し、4年後のプロ入りを目指す。(前田泰子)

   ◇   ◇

 九州国際大付の山本は地元九州からプロ入りを目指すことを決めた。明治神宮大会で優勝経験もある九産大へ進学し、全国舞台での活躍を誓う。

 最速146キロで巧みな投球術と抜群の制球力を誇り、高校では楠城徹監督から「山本に課題は全くない」と太鼓判を押されていたが、ドラフトでの指名はなかった。「もっと頑張らないといけないと思った」とすぐに気持ちを切り替えた。

 4年後のプロ入りを目指して選んだ進路が九産大だ。関東の大学からも誘いはあったが、大久保哲也監督から「九州の選手は九州に恩返ししなくてはいけないよ」と言われ、地元に残ってプロを目指すことを決めた。「神宮で優勝して大学日本代表に入りたい」と当面の目標を抱く。

 大学野球の聖地である神宮球場はもう視察済みだ。後輩たちが九州大会で優勝し、明治神宮大会に出場した際、打撃投手としてチームに同行しスタンドで応援した。「広く感じました。後輩もマウンドのことを教えてくれて、ここで投げたいと思った」。高校では経験できなかった全国舞台のマウンドで飛躍を目指す。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング