新型コロナ陽性の渡辺が復帰 待機期間終え2度の陰性を確認

西日本スポーツ

 新型コロナウイルスの陽性判定を受けていたソフトバンクの渡辺陸捕手(21)が19日、福岡県筑後市のファーム施設で練習に復帰した。

 渡辺は11日に球団施設利用者に義務付けているスクリーニング検査で陽性疑いとなり、12日のPCR検査で陽性判定を受け、療養していた。

 球団によると、保健所が指示する待機期間を終えた後、日を開けて2回のPCR検査で陰性を確認したという。この日の練習では体幹トレーニングなどを行った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ