ドラフト1位風間の育成法は 王会長「大事に育てる」

西日本スポーツ

 ソフトバンクドラフト1位の風間の育成方針について、王会長は「ゆっくりやって結果を出した人が多い。大事に育てていきたい」と話した。

 昨季は9勝を挙げたヤクルト奥川、3勝ながら存在感を見せたロッテ佐々木朗ら高卒2年目の投手が台頭。1年目の1軍登板は奥川が1試合、佐々木朗はなく、最速157キロを誇る大器も早期の1軍昇格などにこだわらずに育てる青写真だ。

 新人合同自主トレでメニューを順調にこなしている風間も「2年目に成績を残せる力を付けられるよう、体づくりをメインにやっていきたい」と意気込んだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ