ソフトバンク佐藤直が新型コロナ陽性 自主トレ期間中の感染確認選手は計8人に

西日本スポーツ

 ソフトバンクは20日、佐藤直樹外野手(23)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 球団によると、18日に球団施設利用者に義務付けているスクリーニング検査で陽性疑いとなり、19日にPCR検査を受けたところ、陽性判定を受けたという。20日現在で発熱などの症状はない。

 佐藤直と接触のあった2選手について濃厚接触者に準じて対応するという。

 ソフトバンクは12日に渡辺陸捕手(21)、17日に熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩内野手(38)ら3選手と、佐賀県嬉野市で行っていた柳田悠岐外野手(33)ら3選手の陽性判定も発表しており、自主トレ期間に新型コロナの陽性と判定された選手はこれで計8人となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ