ソフトバンク、今年に入って9選手目の陽性判定 杉山一樹投手も

西日本スポーツ

 ソフトバンクは21日、杉山一樹投手(24)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 球団によると、18日に咳の症状や喉の違和感があり、19日にPCR検査での陽性判定を受けたという。21日現在、発熱などの症状はなく、自己隔離を行っているという。

 杉山と接触のあった1選手(17日から別行動、18日に球団施設利用者に義務付けているスクリーニング検査にて陰性)を経過観察するという。

 ソフトバンクは、新型コロナの陽性と判定された選手が相次いでおり、今年に入ってこれで計9人となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ