J1福岡新加入ルキアン、古巣磐田との2月19日開幕戦「特別な試合になる」 21年ぶりJ1開幕星に闘志

西日本スポーツ 松田 達也

 J1アビスパ福岡に今季から加入したFWルキアン(30)が21日、クラブ21年ぶりとなるJ1開幕戦白星への貢献を誓った。磐田から加入した昨季のJ2得点王は、古巣との対決となる2月19日の磐田とのシーズン開幕戦(午後2時、ベスト電器スタジアム)への意欲を示した。公開された福岡ユースとの練習試合では最前線で鋭い動きを見せた。

 静かな口調に闘志がにじみ出た。新加入のルキアンがアビスパの一員として迎える古巣・磐田との開幕戦への思いを示した。「特別な試合になるだろう。自分のモチベーションは高い。勝つために持っている力を出したい」。約1カ月後の大舞台に向け、早くも決意をみなぎらせた。

 リーグ戦8位と飛躍した昨季のアビスパだが、シーズン開幕戦では名古屋に1-2で完敗。J1での開幕戦白星は、2001年を最後に遠ざかる。J1定着への第一歩と位置付ける今季のスタートダッシュには、昨季J2で22ゴールを決めたストライカーの活躍が欠かせない。

 この日は福岡ユースとの練習試合が公開された。ルキアンは1本目で2トップの一角として先発出場。得点はなかったが鋭い動きで相手DFの裏を狙い、正確なポストプレーや献身的な前線からの守備を見せ、能力の高さを示した。

 「いまは新しいチームメートの特徴をつかみ、確認している。全体的にいい試合になった」。入国後の隔離期間を終え、16日から練習に合流したばかり。コンディションも連係も調整段階ながら、長谷部監督は「攻守にわたってチームに合っている選手。長所を出してくれた」と評価した。

 昨季5得点のマリ、同4得点のブルーノメンデスが退団し、ルキアンは今季のFWの軸となることが期待される。「クラブは温かく歓迎してくれた。いいプレーをして恩返しをしたい」。開幕戦で勝利につながるゴールを奪えば、新天地での最高のスタートとなる。(松田達也)

 

■練習試合(30分×2)

     0-0

福岡 3     0 福岡ユース

     3-0

【得点者】クルークス、東家、城後

 

復帰の東家がゴール

 今季からアビスパに復帰した東家が存在感を示した。昨季はJ3今治に期限付き移籍し、25試合に出場。実戦経験を積んだ福岡ユース出身の24歳は、2本目にFWとして先発出場してゴールを決めた。「初めての試合で結果として点を取れたのはよかった。(今治で)学んだことを発揮したい」。185センチの長身と相手守備陣の裏へ抜けるスピードを生かし、J1での活躍を目指す。

 

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング