三森「1番二塁」に意気込み 「1番中村晃」構想、ガルビス加入に負けない!

西日本スポーツ

 ソフトバンク三森が1番二塁定着を絶対的にする意気込みを見せた。21日は筑後のファーム施設で調整。昨年は二塁として78試合、1番では51試合に先発し、いずれもチーム最多を記録した。ただ藤本監督が「1番中村晃」の構想を持っている上、ガルビスの加入などで二遊間争いの激化は必至だ。下半身に意識を置いた打撃に取り組む22歳は「今は出続けるためにはどこでもいい」と言いながらも「その中でセンターラインだったり、チームの中心になれるように。1番を打つことで、足を使ってよりチームに貢献できる」と意識している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ