超新星・太田海也がパーフェクトVへ ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイトは21日の2日目、各階層の準決を実施。チャレンジ戦の3Rは番手に入った松本憲斗(熊本)が差し切り。4Rは太田海也(岡山)がHS前スパートで圧勝した。

 1、2班戦の7Rは吉松直人(高知)が終4角5番手から直線強襲。8Rは渡口勝成(山口)が鐘4角から叩き返して押し切り、9Rは3番手を取り切った猪俣康一(愛知)が3角すぎから踏み込んで突き抜けた。

 22日はいよいよ最終日で、8Rチャレンジ決勝は太田の3連勝が有力。9Rの1、2班戦は渡口のヤングパワーに期待した。


【8R・チャレンジ決勝のコメント】
(1)石山直哉 太田君が強過ぎ。苦しくて最後は視界が狭くなっていった。近藤君。
(2)松本憲斗 結果は連勝だけど、近藤君にレース内容で完敗しましたね。自力。
(3)近藤翔馬 差されて2着だったけど、自分の力をしっかりと出せた。自力で。
(4)五反田豊和 脚は残っていたが焦ってしまい、瀬口君に悪かった。松本君へ。
(5)田村光昭 5連続で優出できるなんて怖いね(苦笑)。太田君の好きなように。
(6)秋永昂人 レースの流れが見えていたし、捲ってみたら車も出た。五反田さん。
(7)太田海也 決勝まで勝ち進めたし、最後は何も考えずに突っ走る。自力。


【9R・1、2班決勝のコメント】
(1)岩本和也 猪俣君が踏み切ってくれたから2着に届いた。同支部の松田君に。
(2)那須久幸 何とかしのいで2着。考えたが、猪俣君の自力に期待してみます。
(3)吉松直人 葛西さんのおかげ。調子は問題ないし、自分でやって3連勝を。
(4)松田 大 叩いてから考えようと思ったら、渡口君の反撃が早かった。自力。
(5)富 弥昭 多田君を追わず悪いことをした。脚はいい感じだけど…。渡口君。
(6)猪俣康一 3番手にこだわった。状態は日に日に上向きだし、自力で頑張る。
(7)渡口勝成 脚の感じは良かったが、内村さんと決められず反省です。自力で。

 

 

<各レースの見どころ>

(1R)柴田は前日に落車したが、レース後は普段通りに過ごしていて大丈夫。自力一車の展開をモノにするぞ。森山「前々で」。
【3連単】柴田から5―2―13。穴は森山が逃がされた場合の礒田で1―4―25。


(2R)海地が「近畿から」のコメントで、渡辺は5車立てなのに隊列4車。ここは1着がノルマだ。
【3連単】渡辺が押し切っての1―4―5か、1―4―23の二者択一。


(3R)前日を反省した斎藤が、今度こそ大城の前で力を出し切る。ただし吉田に乗る瀬口や、良化中の山口も大差なく乱戦。
【3連単】流れは大城とみて1―2=456。穴は山口で5―3―1247。


(4R)悪くない地元・永田をベテラン神開が好マーク。原、才迫は展開にはまれば強いが果たして。
【3連単】永田のパワー攻勢で4―3―12。


(5R)ヤング山本のダッシュ自力に注目した。徳丸が呼吸を整えて追撃。
【3連単】山本のスピードが断然で1―2―34。


(6R)ライン4車の在本が主導権を握る読みで、最後は内村がズブリ。井手は合わない新車を元に戻して劇的に良化するかも。
【3連単】内村の差しで1―27―2457。


(7R)特選スタートに敬意を表して多田が軸。ただし状態は6割程度の上、後ろが点数最下位の長谷では心許ないかも。
【3連単】多田なら1=2―567。穴は杉山の台頭で5=2―134。


(8R)太田が最終日はフルスロットルの自力で本当の実力を披露する。その時は、田村の追走は厳しいとみて、2着は119期の松本か近藤の争い。
【3連単】太田のVで7―23―1234。


(9R)予選から連勝で勝ち上がった渡口の将来性を見込む。番手が同県の富なのも大きい。調子の良さなら特選から連勝の吉松も引けを取らないか。
【3連単】渡口が1、2班初Vで7―5―123。狙いは吉松で3―1256―1256。

 

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング