ソフトバンク板東と笠谷もコロナ感染 今年だけで選手計11人に

西日本スポーツ

 ソフトバンクは22日、板東湧梧投手(26)と笠谷俊介投手(24)が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表した。ソフトバンク選手の陽性者は今年に入って計11人となった。

 21日に板東が発熱および倦怠感を訴えたため、抗原定量検査を受検し、陽性判定を受けた。19日までともに自主トレを行っていた笠谷も検査を受け、陽性と判定された。

 22日時点で板東は微熱、倦怠感があり、保健所の指示があるまで自宅で療養する。笠谷は無症状で、保健所の指示に従って自宅で療養する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ