田中正義 先発に自信「千賀塾」で意識改革「信じれば結果出る」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの田中正義投手(27)が23日、先発ローテ入りに自信をのぞかせた。6年目の先発挑戦に向けて今オフは千賀に弟子入り。沖縄・宮古島での自主トレを終え、この日は筑後のファーム施設でエースとともにトレーニングを行った。「ローテ入りを目標に掲げてやっていて、そこに入るためというところを重点にやっている」。これまでになかった鼻息の荒さで充実の汗を拭った。

 「意識改革」で、その高い能力を今年こそ開花させる。ドラフト1位指名に5球団が競合したが入団から5年間未勝利。師となった千賀からは「誰もが分かる通り持っているものはすごい。もっともっと自分の能力を信じたらいい」と太鼓判を押されている。昨季は救援で自己最多の18試合に登板し、防御率2・16。自信をつかみつつある右腕は「自分を信じ切れるような努力をしていこうと改めて思いました」と、エースの言葉に奮い立っている。

 「自分を信じ切ることができれば結果はついてくる。過去5年とは違う結果が出るんじゃないかと思う」。苦しかった5年間との「決別」を宣言した右腕は、座った捕手を相手に2度、立ち投げも含めれば既に5度程度ブルペン入りし、キャンプインを待ちわびてる。「生きている間に、自分を信じたいですね」-。ニュー正義が、ブレークの「におい」を漂わせている。(倉成孝史)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ