リーグワン3部九州も〝開幕〟逆転勝ち 次節は宗像とダービー

西日本スポーツ 大窪 正一

 ラグビーのリーグワン3部第2節は23日、福岡市の博多の森陸上競技場で1試合が行われ、九州(旧九州電力)が江東(旧清水建設)に17-12で逆転勝ちし、新リーグでの初白星を挙げた。3部は15、16日の第1節の全3試合が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止。九州にとってこの日が“開幕戦”だった。

 九州は、第1節を前に選手とスタッフ計21人が感染した苦境を乗り越えた。前半は5-9とリードされながら、激しいプレッシャーをかけて後半に逆転。19日にチーム活動を再開したばかりだったが、フランカーで体を張った高井主将は「勝ちたいという気持ちで上回った」と振り返った。

 次節の30日は宗像(旧宗像サニックス)との九州ダービー。「激しいゲームになると思う。自分たちのペースに持ち込みたい」と対抗心を燃やした。(大窪正一)

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング