西武「愛犬家バッテリー」が社会貢献 森はペット保護 高橋は災害救助犬支援

西日本スポーツ

 西武は28日、森友哉捕手(26)が飼育放棄などが原因で捨てられた犬などの保護活動を行う団体への支援活動を展開すると発表した。

 同日から自身がデザインに関わったTシャツの販売や直筆サインを入れたもののチャリティーオークションなどを開始。経費を除いた売上は全額、動物保護団体へ寄付する。

 森は「小さいころから犬が大好きで実家で犬を飼っていたことから、犬や動物に関する支援活動をしたいとずっと考えていました。そうした中、コロナ禍で癒やしを求めてペットを飼う人が増えている一方で、飼えなくなって飼育放棄する人が増えているということをニュースで目にして、今回の支援をすぐに決めました。1匹でも多くの犬や動物たちが幸せに過ごせるよう、ファンの皆さんも『One TeaM Project』に参加していただけるとうれしいです。今回販売するTシャツは僕も着用しようと思っています」と球団を通じてコメントを発表した。

 詳細は球団公式ホームページなどで。

 また昨季から災害救助犬の支援活動を展開する高橋光成投手(24)が、このほどNPO法人日本捜索救助犬協会へ昨季成績に応じ54万円を寄付したことも発表。今季も継続する。

 高橋は「昨年(静岡県)熱海市で起こった土砂災害時に災害救助犬が出動したと聞き、協会の方から現地の過酷さや状況をうかがい、救助犬が行方不明者の捜索をした様子なども話していただきました。新型コロナウイルス(の感染拡大)が落ち着いたら、実際の訓練の様子を見学したり、災害救助犬と触れ合って直接応援したいと思っています。今季も昨季以上の成績を残し、一人でも多くの方に災害救助犬の存在を知ってもらい、防災への意識向上や支援の輪が広がっていくことを願っています」と球団を通じてコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング