西武山川、金子、外崎、川越、平沼、育成の長谷川、斉藤大は所沢残留 新型コロナ感染、濃厚接触考慮

西日本スポーツ

 西武は29日、山川、外崎、平沼、金子、川越、育成の長谷川、斉藤大が2月1日から始まる春季キャンプ(A班=宮崎県日南市、B班=高知市)には参加せず、埼玉・所沢に残留して調整すると発表した。

 斉藤大を除く6人は、今月新型コロナウイルスの陽性判定を受けた影響のため。斉藤大は管轄の保健所からではなく、球団で新型コロナウイルス陽性者との濃厚接触の疑いがあると判断したため、所沢残留となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング