武田がキャッチボールを途中で切り上げ  宮崎キャンプ室内に移動

西日本スポーツ

 ソフトバンクの宮崎春季キャンプ第2クール2日目の6日、武田翔太投手(28)がキャッチボールを途中で切り上げた。何らかのアクシデントがあったとみられる。

 武田はその後室内練習場に移動し、バイクや体幹トレーニングを行った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ