西武4年目渡辺 開幕ローテ入りで勝ち星倍増だ 師匠内海からの助言も

西日本スポーツ

 高卒4年目を迎えた西武の渡辺勇太朗投手(21)が8日、初の開幕ローテーション奪取へ意気込んだ。「開幕ローテに入って、1年間守ることが目標。(勝ち星は)倍は勝ちたいなという気持ちがある」。プロ初勝利を含めて昨シーズン挙げた4勝からの倍増以上を見据え、力を込めた。

 この日はブルペンで96球。山川が目慣らしのため打席に入るなど実戦を意識したという。昨季は17試合のうち先発は9度で最長は7回途中だった。延長戦も想定してより長い回を投げられるように、フォームの再現性向上に注力する。

 精神面も強化中だ。自主トレで師事した内海から、自らのルーティーンを守るように指導を受けた。「昨年はあまりできていなかった。(自分の)芯をつくれるようにしっかりやり続ける」。宮崎・南郷春季キャンプでは毎日チームバスより早く球場へ。ストレッチなど入念な準備を終えてから練習に取り組んでいる。

 ドラフト1位ルーキーの隅田や同2位の佐藤らと争うことになる開幕ローテ。「みんながライバル。自分のことだけを意識している」と力を込めた。昨季のチーム防御率はリーグワースト。投手王国の再建には期待の右腕のブレークも欠かせない。(山田孝人)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング