抽選で花園逃した大分東明 圧勝で選抜へ 全九州高校新人ラグビー

西日本スポーツ

 第44回全九州高校新人ラグビー大会は20日、熊本市の熊本県民総合運動公園で2回戦4試合を行い、福岡県屈指の進学校の修猷館が高鍋(宮崎)に21-14で逆転勝ちし、2008年以来14年ぶり2度目の全国高校選抜大会(3月開催、埼玉県熊谷市)出場を決めた。全国高校大会4強の東福岡は長崎北陽台を27-0で破った。大分東明は加治木工(鹿児島)を85-0、佐賀工は名護(沖縄)に58-5で快勝した。4強と2回戦で敗れた4校による22日の代表決定戦に勝った2校が全国高校選抜大会に出場。なお新型コロナウイルス感染拡大を受け、準決勝以降は実施しない。

   ◇   ◇

 大分東明が13トライを決めて加治木工をねじふせた。昨秋の全国高校大会大分県予選では決勝で大分舞鶴と引き分け、抽選で花園出場を逃した。現チームはラグビー以外の日常生活から見直し、練習も基本からやり直した。快勝にも「基本的なことはまだまだやれていないことが多い」とCTB浦山主将は厳しい表情だ。白田監督は「選抜までにフィジカルや筋力を鍛えて全国で通用するようにしたい」とレベルアップを誓った。

PR

ラグビー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング