育成藤井は「想像以上」/斉藤和巳

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ紅白戦(20日、宮崎アイビー)

【西日本スポーツ評論家・斉藤和巳の視点】

 気温が低く、投手には酷なコンディションでの紅白戦で、白組で登板した育成の藤井、重田、中村亮の3投手が目を引いた。彼らに共通しているのは、自分のボールをしっかり投げ切れていたこと。今持っているものを、マウンドで最大限アピールできていた。

 7回を3者連続三振で片付けた藤井は初めて見せてもらった。「いい」という情報はあったが、想像以上だった。真っすぐに力と角度があるし、フォークも落差がある。どちらの球種でも空振りを取れるのは大きな武器だ。栗原もタイミングが合っていなかった。

 これから対外試合も始まるが、藤井は短いイニングなら真っすぐとフォークで十分に勝負できるはず。テークバックもコンパクトで独特な印象を受けた。支配下はすぐ近いところにあるのではないか。今の投球を続けられれば、1軍マウンドも一気に見えてくる。

 重田は全体的にバランスが良くまとまっている。中村亮にはびっくりした。上半身が柔らかく、力感がない中で強いボールを投げられる。これはなかなかできないことだ。3投手ともに壁に当たることもあるだろうが、今の良さを生かして勝負してほしい。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ