元広島の育成藤井3者連続空振りK 監督「勝ち試合に使える」

西日本スポーツ 鬼塚 淳乃介

 ◆ソフトバンク春季キャンプ紅白戦(20日、宮崎アイビー)

 再び快投! 育成で新加入した元広島の藤井皓哉投手(25)が圧巻の3者連続奪三振だ。

 紅白戦に白組の4番手で7回に登板すると、三森をフォークで空振り三振。佐藤直には球場表示で自己最速を1キロ更新する153キロを出し、最後も真っすぐを空振りさせ、栗原のバットも力強い真っすぐで空を切らせた。B組(2軍)から参加した16日の紅白戦で2回3奪三振、無失点の好投を見せてA組(1軍)に昇格した右腕は「前回より変化球も良かった。自分の思い切った球を投げて勝負することができて良かった」と充実感をにじませた。2試合続けての奪三振ショー。藤本監督も「完璧ですね。この状態でずっと投げてくれるなら勝ちゲームでも使える」と絶賛した。

 監督の高評価にも、藤井は「言っていただけることはうれしい。でもまだこの時期なので、まずは今日のピッチングを続けていくのが大事」と冷静。それでも自信もつかめた。「自分のボールをゾーンに投げ込めれば勝負できると思う。内角を攻められるところでは、どんどん投げ切っていきたい」。背番号157はホークスの現所属選手で最も重いナンバー。広島を戦力外となり、独立リーグを経てNPB球団に戻ってきた右腕が、支配下登録に向けてひた走る。(鬼塚淳乃介)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ