J1鳥栖ルーキー藤原がリーグ戦でも初ゴール 23日カップ戦に続き

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第2節 鳥栖1-1湘南(26日、駅前不動産スタジアム

 

 伸び盛りの若武者が、またもやチームの初モノをゲットした。23日のカップ戦でプロ初ゴールを決めた鳥栖のルーキー藤原悠汰(22)が、3日後のリーグ戦のホーム開幕戦で先制ゴール。チームのリーグ戦今季初得点を挙げた。「リーグ戦でプロ初ゴールを決めたうれしさはあるけど、勝ちきれなかったので悔しさが残っています」。ドローに終わり表情は複雑だった。

 前半24分、ペナルティーエリア左からゴール右へ上げた堀米のクロスに右足で合わせボレーでゴールネットを揺らした。2試合連続のゴールを決めた藤原に、川井監督は「今日の得点は素晴らしかった。個人の能力の高さを見せてくれて僕の基準を上回っていたゴール」と最大級の賛辞を贈った。

 藤原は身長165センチとFWとしては小柄だが、相手の背後のスペースへ飛び込む嗅覚を磨いてきた。「相手ラインを下げる中で飛び出すタイミングやポイントは自分が得意としているところ。やってきたことがゴールにつながった」。ただ先制ゴールの後に何度か決定機があったが決めきれず「もう1本決めれば勝ちきれる試合だった」とカップ戦に続くドローに悔しさを見せた。

 目指すのは勝ち点3を取るゴールだ。「勝ちにつながるゴールを決めていきたい。経験値を積んでいかなくてはいけないと思う」。若手が競い合うチームの中で存在感をアピールしていく。(前田泰子)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング