五輪個人総合2連覇の内村航平、現役最後の演技で「美しさと着地見せる」12日に引退イベント「THE FINAL」

西日本スポーツ

 体操男子個人総合で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪を連覇した内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=が11日、自身の引退イベント「KOHEI UCHIMURA THE FINAL」の会場となる東京体育館で会見した。

 12日の引退イベントでの現役最後の演技を前に、33歳のベテランは「最後という感じはなく、やるべきことをやらなければいけない責任感がある。今まで大事にしてきた美しさと着地を止めるところを見せられれば」と思いを口にした。

 東京五輪では肩の痛みなどを考慮して種目別鉄棒に絞って出場したが、今回は常々こだわってきた全6種目を披露する。採点なしのエキシビション形式で、跳馬以外は各種目で10個の技を出す必要がある現行ルールにもこだわらない。「難しいことは今までやってきた。技のさばき方など、他の選手には表現できない方法で、今までやりたかった美しさを存分に見せられたら」と語った。

 イベントには内村とともに五輪に出場した選手も参加する。東京五輪個人総合5位の北園丈琉(徳洲会)ら後輩には、内村は「僕を目指すのではなく、僕を超えるぐらいの活躍を期待している」とエールを送った。

 記者会見後は観客席との距離が近い特設会場で練習した。引退イベントは12日午後1時に始まり、インターネットテレビ局「ABEMA(アベマ)」で生中継される。(末継智章)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング