ソフトバンク三塁争いに明暗 松田2点打 井上4の0

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ヤクルト11-5ソフトバンク(12日、神宮)

 ソフトバンクのベテラン松田が2点打を放ち、激化する三塁の定位置争いでアピールに成功した。

 5回2死満塁。小沢の初球をはじき返すと、遊撃手の長岡のグラブをかすめ、左前に転がった。「チャンスで一本打つことができて良かった。開幕も近づいてきたので、どんな状況でも気を引き締めて集中力を持っていくだけ」と意気込んだ。

 一方、2年目の井上は3打席連続三振など4打数無安打に終わり、明暗が分かれる形になった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ