井上は2軍降格 藤本監督が明言「レギュラー取らないといけない」

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ヤクルト5-7ソフトバンク(13日、神宮)

 ソフトバンクの藤本監督が試合後、2年目の井上を2軍に降格させることを明言した。

 「8番三塁」でスタメン出場し、2打数無安打に終わった井上について「結果を出しているので、もう少し置いておきたかったけど、2軍に行ってもらう」と説明した。

 井上はオープン戦では打率2割7分3厘、6打点を記録しているが、藤本監督は「どうしても走者がいない場面で、クイックになると、間合いが取れず、自分のスイングができていない。きのうから5三振している。そこをずっと課題にしていて、まだできていないということで」と指摘した。

 三塁の定位置を狙う大砲候補への期待は変わらず高く、藤本監督は「彼の場合はレギュラー取らなきゃいけない。控えでおっても仕方ない」と強調。2軍で実戦経験を積み、結果を残せば昇格させる意向も示した。

 また、川瀬と柳町の2軍降格も決まった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ