西武の増田、宮川、平井がそろって1回完璧投 救援陣が上々仕上がり披露

西日本スポーツ

 ◆西武4-1日本ハム(15日、ベルーナドーム)

 西武の増田、宮川、平井のブルペン陣がそろって、1回を一人の走者も許さない完璧投で仕上がりの良さを示した。

 5回から2番手の増田は簡単に2死を奪うと、最後は高浜を空振り三振。「投球フォームという点ですごくいいところもあったので、これを継続していければいい。今後の登板機会でもしっかりと結果を残し、信頼してもらえるように頑張ります」と開幕は抑え役を担う予定のベテランは力を込めた。

 8回のマウンドに上がった宮川は、王と高浜を連続三振に仕留めるなど、日本ハム打線をきっちり封じた。「良かったです。今年は試合中の登板前のブルペンで、シャドーピッチングを取り入れている。しっかりフォームのチェックができているのがいい結果につながっていると思う。残りのオープン戦でもいい準備をして試合に入っていければと思います」と笑顔だった。

 9回に出た平井も危なげなく3人で片付けて、ベルーナドームの初試合の勝利に貢献して「納得のいく投球ができた。しっかり腕も振れていましたし、細かいコントロールもできたと思う。ここまでいい状態をキープできている。これからもやるべきことをしっかりやって、開幕を迎えたいです」と頼もしかった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング