「4番三塁」で出場の19歳井上がウエスタン開幕戦で先制打 

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク4-0オリックス(30日、タマスタ筑後)

 「4番三塁」でフル出場した2年目の井上が、先制打を放った。初回2死二塁で東のスライダーを中前へ。オープン戦でも松田やリチャードとの三塁争いを繰り広げながら、2打数無安打に終わった13日のヤクルト戦の試合後に2軍降格が決まった19歳は「悔しい思いをした。もう一回自分のバッティングをつくって、守備も1軍で守れるようにしたい」と巻き返しを誓った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ