千賀、開幕もこれくらいの投球を/斉藤和巳

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク5-1広島(18日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・斉藤和巳の視点】

 千賀は変化球を低めに集め、中盤まではスライダーやカーブもうまく使えた。習得しているシンカーも今回の感じなら使えそうだ。曲がりは東浜ほど大きくないが、スピードがあって変化する球なので、投球の幅が広がりそうだ。

 4回1死三塁から小園に初球を右前適時打とされた。甲斐は内角を要求していたが真っすぐが甘く入った。得点した直後のピンチの初球だけに反省点だ。それでもイニングも球数も投げられたし、登板を1度回避した影響は見えない。開幕戦も今回ぐらいの投球ができればいい。

 千賀には毎年期待しているが、まだ物足りない。先発ローテを1年間守ったことが少ないからだ。彼は目標に「圧倒的キャリアハイ」を掲げた。その通りにローテを守り切って誰が見てもすごいと思える記録を残す姿を見たい。開幕戦では、自分とチームがいいスタートを切れるように、結果と内容を求めてほしい。

 最後にガルビスについて。まだ日本のストライクゾーンや配球に戸惑っている印象だ。来日が遅れた上、スイッチヒッターなので右と左で打席からの景色が違う。打席にできるだけ多く立って慣れるしかない。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ