大敗にも気を吐いた大島の2年生1番有馬3安打「夏に甲子園に戻ってくる」

西日本スポーツ

 選抜高校野球大会第5日は23日、甲子園球場で1回戦3試合が行われ、8年ぶり出場の大島(鹿児島)は明秀学園日立(茨城)に0-8と大差で敗れ、甲子園初勝利は挙げられなかった。

 大島の1番有馬が3安打で打線を引っ張った。昨秋から1番を任されている2年生は4回、7回と内野安打を放ち、最終回には右前へクリーンヒット。「球にくらいついていけたのが良かった。9回はつなごうと直球を振り抜きました」と思い切りのいいスイングを見せた。快音は勝利に結び付かず、「チーム一丸となって夏に向けて頑張っていきたい。夏に甲子園に戻ってくることが目標です」と早くも夏を見つめていた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング