ガルビスさまさま!!劇的な逆転満塁弾!!!#西スポ祝ホークス開幕タイムライン

西日本スポーツ

 3月25日はプロ野球12球団が一斉に開幕!!西日本スポーツは全力で、ホークスファンの皆さんの心躍るこの一日に「伴走」します。

 Bクラスに終わった昨シーズンの記憶を塗り替える、新しい藤本ホークスの公式戦初戦をこのページでは随時更新。ファンの皆さんにお届けします。

 「2野球伝来150年」の年のプロ野球開幕という歴史に残る一日。このページを見ていれば、今季のホークスの第一歩が全部まるっと分かる、かも。(3月25日23:50更新終了)


このページの楽しみ方
○一日の流れや試合経過に沿って、随時更新されます。新しい情報から上に並びます。

○西スポ ホークス担当のTwitterアカウント(@nishispo_hawks)とリンクしています。フォローすると2倍楽しい!?


#西スポ祝ホークス開幕タイムライン


試合後のハナシ

グランドスラムの感動をもう一度!

ダイヤモンドを一周すると、ベンチはこれ以上ない大盛りあがり。

8回1死、逆転満塁弾を放ちナインに迎えられるガルビス(撮影・西田忠信)

おすすめの記事:新外国人のガルビスが衝撃の逆転満塁弾! 土壇場でビッグボス日本ハムうっちゃる

この試合の「主役」を取りかけていたビッグボスは…。

8回1死、逆転満塁弾を放ったガルビスを見つめる日本ハム・新庄監督(撮影・栗木一考)

西スポのカメラマンが絶好のポジションから一枚パシャリ。サングラスとマスクで表情は見えませんが、小刻みの継投で就任後初勝利を手に仕掛けていただけに心中は察するに余りあります。ホークスファンにとっては、最高の瞬間ですが。

でも、忘れてはいけません!

カルビスのグランドスラムには、お膳立てがありました。

8回につないだ松田、上林、三森

 8回、先頭松田の右前打が皮切りでした。続く上林はきっちり送りバントを決め、代打牧原大は冷静に四球を選び、三森が左前打でつなぐ。この流れがあったからこそ、ガルビスの一発の破壊力は特大でした!

 藤本監督が掲げる「1点にこだわる野球」の成果とも言えるのではないでしょうか。

 


21:58~試合終了

35,141人の大観衆。藤本監督は勝利球を受け取りました。

開幕戦に勝利し、ペイペイドームに打ち上がった勝利の花火(撮影・西田忠信)

21:50頃~9回表

H4-1F(試合終了)

【2死】近藤はショートゴロ。守備に入っていたガルビスが丁寧に処理してゲームセット!守護神の森もナイスピッチング!!!

おすすめの記事:守護神の森が3人締めでビッグフェイス藤本監督にウイニングボール手渡す

9回2死、日本ハム・近藤の遊ゴロをさばくガルビス(撮影・柿森英典)
開幕戦に勝利しガルビスを出迎える千賀(左)(撮影・柿森英典)

【1死】渡辺はニゴロに打ち取りました。あと一人!

【無死】松本剛を右飛

 

復活を期すクローザーの森が登板!


21:34頃~8回裏

ホークスファンが待ち望んだ、いや、それ以上の劇的な展開です!!

1995年のケビン・ミッチェルを彷彿とさせる開幕戦の満塁弾です。

H4-1F(8回終了時)

【2死】グラシアルはサードフライ

【1死】柳田は空振り三振

H4-1F(8回途中)

逆転満塁弾に喜ぶガルビスと沸き立つベンチ

逆転満塁ホームランだ~~~

来日初アーチが開幕戦でのグランドスラム!!! 

【1死満塁】ガルビスが今度は左打席へ。初球は外角まっすぐを見逃し、2球目。見送ればボールの沈む変化球でした。きた、きた、きたきた!!!打球は右翼のホームランテラスへ。

日本ハムは杉浦→西村の右腕リレー

最高のお膳立てです

【1死一、二塁】期待の三森の打球はショート左を抜ける!きた、満塁だ!!

【1死一塁】甲斐に代打牧原大。杉浦のボールを見極め、四球を選びました。貴重なつなぎです。

【無死一塁】上林はきっちり一塁線に送りバント。さあ、ここが攻め時だ!!

【無死】ここまで無安打の松田は右前へ。我慢に重ねた38歳のチーム最年長。一塁で喜びを爆発させました!代走のルーキー野村勇と代わり、ベンチは大盛りあがりです。

6番手はクローザー経験もある杉浦。右左を打順ごとに織り交ぜながらの「幻惑継投」に食らいつきたい。


21:25頃~8回表

H0-1F(8回表終了時)

【2死】石井も空振り三振!!! 津森の好投で逆転の流れを手繰り寄せたい~~。

【1死】浅間も三振だ!!

【無死】先頭の万波を空振り三振!

2番手は津森。逆転勝利のためには、粘ってくれ!!

先発の千賀は降板。勝利投手の権利を手にできぬまま、マウンドを降りました。7回を投げて1失点。111球を投げ抜きました。


21:08頃~7回裏

H0-1F(7回ウラ終了時)

【2死一、三塁】ここで決めたい中村晃。堀の内外角に散らす投球に粘りましたが、中飛…。悔しげな表情を隠せません。

【1死一、二塁】5番の栗原が決めたかったところですが、ニゴロ…。守備の乱れもあり走者は残りました。

【1死一塁】4番に座るグラシアル。右前へのバッティングでチャンスメークします!

【無死一塁】続きたかった柳田は左フライ。責任感の強い新キャプテンは、ベンチで悔しげな表情です。

【無死】今宮に代えてガルビスが右打席へ。堀の低めの球を左前に運びました。来日初打席で初安打!!メジャー通算966安打、109発の強打者がコンパクトなスイングで結果を残しました。

7回無死、左前打を放つ代打ガルビス

日本ハムはすでに予告先発が出ている左腕の堀がマウンドへ。ビッグボス、恐るべし…。

7回の攻撃を前に横断幕やタオルなどを掲げて盛り上がるソフトバンクファン(撮影・西田忠信)

「いざゆけ若鷹軍団」が、大観衆のペイペイドームに響きます!!


20:56頃~7回表

H0-1F(7回表終了時)

【2死一、三塁】さあ、しのごう! 水野をニゴロに打ち取り、無失点でしのぎました!!

=森山投手コーチがマウンドへ=

【2死三塁】千賀は粘りどころです。宇佐美は歩かせました。

【1死二塁】ビッグボスが打席に送るのは代打アルカンタラ。3ボール1ストライクからのフォークはさすがの落差で空振りです。ショートゴロに打ち取りました。その間に近藤は三塁へ。

【1死】近藤は詰まらせながらも内角球を二塁打。ともに侍ジャパンのユニホームを着た間柄でもあり実力は熟知しているものの、千賀も思わず苦笑いしました。

【無死】ヌニエスを「お化けフォーク」で空振り三振!これで8つ!!

7回無死、日本ハム・ヌニエスを空振り三振に仕留めた千賀(撮影・柿森英典)

☆千賀が7イニング目のマウンドへ!!


20:36頃~6回裏

H0-1F(6回ウラ終了時)

【2死一、二塁】大入りのスタンドからチャンステーマが響きます。打席は三森。ところが、伊藤の変化球になかなかタイミングが合いません。サードライナーに倒れました。我慢のイニングが続きます。

【2死一塁】甲斐はコースを見極めて四球。開幕初打席からこれでなんと3打席連続のフォアボール。価値ある結果を積み重ねています。

【2死】なんとか出塁したい上林、、、痛い!2打席連続のデッドボールを脇の辺りに。治療のためにいったんベンチに下がりましたが、もう一度グラウンドへ。気持ちがにじむ表情です。

6回2死、上林は死球を受ける。投手日本ハム・伊藤(撮影・栗木一考)

【1死】松田は内野フライ。ベテランがなかなか自分のペースでバッティングをさせてもらえません。

【無死】中村晃の第3打席は遊ゴロ。際どい投球をファウルで粘ったものの…。2イニング目の伊藤に封じられています。

5回までのホークスのヒットは、初回の三森のセンター前ヒット、柳田のレフト前のポテンヒット(2塁打)、グラシアルのツーベースのわずか3本。後半戦の奮起に期待!


20:36頃~6回裏

H0-1F(6回表終了時)

【2死】松本剛もセンターフライ。この回は8球で切り抜けました。ここまでで94球。もう1イニングいけそう?

【1死】先制アーチを許した石井との再戦は中飛です。

【無死】浅間は右飛。低めの打球をしっかり柳田がキャッチしてくれました。

試合は折返し。味方が追いついてくれるまで、千賀よ、粘ってくれ~


20:26頃~5回裏

H0-1F(5回ウラ終了時)

【2死】栗原はレフトフライ。3番打者からの好打順でも、結果がなかなか出ません。千賀にとっては、我慢のマウンドが続きます。

【1死】グラシアルはスライダーを続けられて空振り三振。ビッグボス投手陣を打ち崩すきっかけがなかなか見えません。

【無死】柳田の3打席目。スタンドがどよめきました。4番手は2年目の伊藤。侍ジャパンにも名を連ねた好投手が登板です。柳田は打ち崩せず、一ゴロに倒れました。


20:20頃~5回表

H0-1F(5回表終了時)

千賀は5回を投げきり、86球。3安打1失点7奪三振ながら球数が多くなっています。

【2死】代打万波。立ち直ってきたかのように、変化球で空振り三振だ!早くも7奪三振。先制被弾のショックは引きずらないぞ!

【1死】水野は投ゴロ。いいテンポになりつつあります。

【無死】先頭の宇佐美はライトフライに打ち取りました。


20:00頃~4回裏

H0-1F(4回ウラ終了時)

4回2死一、二塁、空振り三振に倒れた今宮(撮影・西田忠信)

【2死一、二塁】今宮は根本の緩い変化球に空振り三振。2打席連続でチャンスに結果が残せず…。同点には追いつけませんでした。さあ、次こそ好投の千賀に応えたい!

【1死一、二塁】2打席連続出塁の三森を迎えましたが、フルカウントから変化球にバットが空を切りました。

【1死一塁】4球目、一塁走者の上林はスタート。打席では甲斐は空振りしましたが、二塁に到達しました。甲斐は四球を選び、チャンスを広げます。なんとか追いつきたい!

【1死】上林は内角球が右脇腹へのデッドボール。苦悶の表情を見せましたが、起き上がり一塁に向いました。

【無死】日本ハムの投手は早くも3番手の根本。高卒2年目左腕ですが、松田は変化球にタイミングが合わず空振り三振。


19:46頃~4回表

H0-1F(4回表終了時)

【2死】佐藤、センターフライで3アウト。千賀、最少失点で抑える!

【2死】近藤健介はフォアボール

【1死】ヌニエスはセカンドゴロに倒れ2アウト

【無死】ヌニエスの5球目に松本盗塁を狙うが、甲斐キャノン、見事セカンドベースの上への送球!OUT!千賀を甲斐が救う!​​​​​​

【無死】4番に起用された松本はセンター前に抜けるヒット

【無死】3番石井一成、千賀の5球目を右中間スタンドに……。最初の得点はビッグボス日本ハムに。

4回無死、日本ハム・石井に先制ソロを浴びた千賀(撮影・西田忠信)

おすすめの記事:千賀が3度目の開幕投手で初めての失点 石井に先制弾浴びる


19:37~3回ウラ

H0-0F(3回ウラ終了時)

【2死】中村晃はセカンドゴロで無得点

【1死】栗原、初球を打ってライトフライ

【1死】4番グラシアル、右中間フェンスを直撃したツーベース!チーム3本目の安打でチャンスを作る

【無死】初回にポテンヒット(ツーベース)を放った柳田選手でしたが、今季第2打席目は見逃し三振


19:31~3回表

H0-0F(3回表終了時)

【2死】続く淺間を変化球で見逃し三振に打ち取った千賀、三者連続三振で3回まで無失点のナイスピッチング!

​【1死】一巡して、打席には日本ハム今川。千賀、この試合5つ目の三振を奪う。

【無死】先頭は9番水野。空振り三振!


18:59~2回裏

H0-0F(2回裏終了時)

【2死一、二塁】打席は今宮。一打席目の送りバント失敗を取り返したいところでしたが、右飛…。先制のホームには、まだたどり着けません…。

【2死一塁】三森も四球。初回の中前打に続き、開幕2打席連続の出塁です!!

【2死】甲斐は変化球を見極めて四球。

【1死】上林は遊飛。う~ん。難しい。

【無死】松田は三ゴロ。引っ掛けました。


19:14~2回表

H0-0F(2回表終了時)

【2死一、二塁】宇佐美を左飛。無失点で切り抜けました。さすがエース!

【1死一、二塁】佐藤はタイミングをずらし、中前への高い打球。セカンド三森がきっちり捕球しました。

【1死二塁】強打者近藤!侍ジャパンのチームメートだったバットマンには、変化球を見極められて四球を許します。

【無死一塁】ヌニエスはフォークを空振り三振。ワンバウンドを捕球した甲斐は松本剛に二盗を許しましたが、送球はさすが。タイミングが間に合わなかっただけに、切り替えていこう!

【無死】松本剛がショートにボテボテの当たり。今宮がチャージをしましたが、これは間に合わない…。内野安打で今季初安打を許しました。

千賀の2イニング目です!

大勢の観客を背に力投する先発の千賀(撮影・西田忠信)

 


やっと、やっと…。

ペイペイドームの一塁側から右翼席にかけた観客席です。 どのように観戦を楽しんでいるのでしょうか。


18:40~1回裏

H0ー0F(1回裏終了時)

【2死満塁】さらに続く先制のチャンス。中村晃が変化球を打たされてニゴロ…。悔しげにベンチに下がります…。

【2死二、三塁】打席には栗原。今季から背番号24に変えた主軸が、粘った末に10球目を見極めて四球。日の丸も背負った好打者らしいシーズン初打席です。

【1死二、三塁】先制のチャンス!!ところが、グラシアルが見逃し三振。際どいコースなのですが…。

【1死一塁】柳田がラッキーヒット!!高々と上がった打球が左前にポトリと落ちます。打球処理の間に三森は三塁、柳田も二塁へ!キャプテン1年目の初打席で「H」ランプが灯るのはうれしいですね!

【無死一塁】送りバントを狙った今宮が凡フライ…。これは悔しい。

【無死】一番打者に起用された三森が、相手先発のルーキー北山から見事なチーム初安打となるセンター前ヒット。藤本監督の起用に応えました!!


18:33~1回表

千賀は落ち着いた立ち上がり!きっちりアウト3つをとり、落ち着いた足取りでベンチに下がります。

【2死】石井はスライダーで空振り三振。
【1死】浅間を外角158キロで空振り三振。

【無死】先発の千賀は初球158キロ。今川に対し、高めのボール球。3ボールから4球目を中飛です。

日本ハム打線相手に力投する先発の千賀(撮影・西田忠信)

試合開始


18:30試合直前

始球式はフジテレビ井上アナウンサー。なぜか、打席にビッグボス。井上アナウンサーの投げたボールを、まさかのキャッチ。

びっくり続きの「ビッグボス劇場」です。


18:17試合直前

これはド派手。ビッグボスはどこ?どこ?スタンド、バックネット、スーパーボックス。そしてグランド!箱の中から登場しました!!

対する藤本監督。右中間フェンスから出てきたのは、まさかの「みこし」。腕組みをした「鷹のボス」が堂々と登場です。

おすすめの記事:ビッグボスが箱の中から!!藤本監督はみこしに担がれ登場!超異例セレモニー


18:10試合直前

スターティングメンバー発表!一人ずつ、呼ばれています。大観衆のスタンドから、拍手が響きます。

【日本ハム】
1(左)今川
2(中)浅間
3(二)石井
4(右)松本剛
5(一)ヌニエス
6(指)近藤
7(三)佐藤
8(捕)宇佐見
9(遊)水野

【ソフトバンク】
1(二)三森
2(遊)今宮
3(右)柳田
4(指)グラシアル
5(左)栗原
6(一)中村晃
7(三)松田
8(中)上林
9(捕)甲斐


18:04試合直前

ペイペイドームが真っ暗に

オープニングセレモニーが始まりました!!「いざ開幕!」の文字が巨大スクリーンに映し出されます。


17:50試合前

10年分の開幕を振り返ってみました

2012年以降の開幕戦を記録した西日本スポーツの紙面をお届けします(こちらから)。記憶に残っている試合はありますか?

投手で目立つのは千賀の前に「鷹のエース」だった摂津正投手。松田選手の10年前はまだまだ初々しい表情です。


17:21 試合前

日本ハムも打撃練習終了!

18:30のプレーボールに向け、両チームが打撃練習を終えました。グラウンドには、ビッグボスの姿ももちろんありました。

笑顔を見せる日本ハム・新庄監督(撮影・栗木一考)

 


17:00 試合前

開幕まで残り1時間半!

すでに球場入りしたホークスファンも多くいるのでは?

野球観戦の楽しみの一つは「スタジアムグルメ(通称スタグル)」です。毎年、新企画メニューが登場。こちらの球団公式サイトではスタジアムグルメを紹介しています。現地観戦の方は、「野球の味」をお楽しみください。


15:43 試合前

3年ぶり3度目の開幕マウンドへ準備を進める豪腕

「鷹のエース」はプロ12年目をどんな心境で迎えるのでしょうか。オープン戦を終えた3月22日、西日本スポーツの伊藤瀬里加記者のインタビューに応じています。

「今年のホークスはこういうふうにみんなで勝っていくんだぞ、と投球で見せつける」(リンク先でインタビューが読めます)

先頭に戻る


15:35 試合前

開幕スタメンを手にした松田、今宮

オープン戦で松田は13試合に出場し打率3割4分5厘、1本塁打、6打点、今宮は12試合で打率2割5分。若手との競争で存在感を示し、3・25のスタメンに名を連ねました。


14:51 試合前

王先輩のもとへ

母校の先輩に対する敬意の表し方は、野球界の「伝統」です。なお、開幕1軍入りした野村大も早実OB。日本ハム清宮の1学年後輩に当たります。


14:33 試合前

ペイペイドームでバッティング練習がスタート


14:30 試合前

 試合開始まで4時間。皆さんのワクワクを高めるための「お手伝い」として、観戦に役立つ!?話題をお届けします。

今年のルール

 今年のホークスの戦いを占う前に、今季の「ルール」についておさらいです。昨季までとの最大の違いは「延長12回制」の復活。コロナ禍で開幕が6月にずれた19年は延長10回までで、昨季は日本シリーズ以外は9回で打ち切りました。昨季の21引き分けは12球団最多。このルールが開幕戦からどう作用することになるのでしょうか。その他、出場選手登録31人、外国人選手の枠5人、ベンチ入り26人、選手入れ替えの規定緩和などは継続です。

開幕1軍メンバーにルーキー

 開幕に合わせた出場選手登録は、24日に公示されました(12球団の詳細を伝えるNPBのウェブサイトはこちら)。ホークスは投手12人、捕手2人、内野手10人、外野手5人の計29人を登録。新人では、ドラフト4位の野村勇内野手(NTT西日本)が名を連ねました。新人の開幕1軍入りは20年の柳町以来です。

→野村勇のオープン戦の記事はこちら(3/13、ヤクルト戦でOP戦1号ソロ含む3安打2打点3/19、広島戦で森下からのOP戦2号ソロ

3年ぶりの「動員制限なし」

 ペイペイドームの開幕戦は「動員制限なし」で実施されます。満員の4万人が詰めかけることが予想されます。コロナ禍で続いてきたプロ野球。無観客試合だった時期もあるだけに、3年ぶりのスタンドがどうなるか。それを思うだけで、期待に胸が膨らみます。

→ペイペイドームでの「観戦ルール」は球団公式サイト(リンクはこちら)をご参考ください。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ