西武が6点差大逆転 8回オリックスのリクエスト失敗後に森が逆転打 昨季パ王者に勝ち越しスタート

西日本スポーツ

 ◆西武7-6オリックス(27日、ベルーナドーム)

 西武の先発渡辺は先頭の福田に四球、2番後藤には右前打を許すと、味方の守備の乱れもあって無死二、三塁に。3番吉田正は一ゴロとするも、4番の杉本には外寄りの149キロ真っすぐを右前へはじき返されて先制点を献上した。なおも1死一、三塁で宗には中犠飛とされ初回に2点を失うと、2回も2失点した。

 3回は1死から宗に死球。1死後にはラベロに高めのスライダーを左翼席へ運ばれる2ランを浴びた。

 6点ビハインドから打線が逆襲。5回に栗山の二塁打で1点を返すと、6回には山川の2ランなどで4得点。1点差に詰め寄った。

 8回は中村の遊ゴロで一走オグレディのスライディングがオリックス・安達と交錯。オリックス側はリクエストを出したが、失敗に終わり、ランナーが入れ替わって1死一塁のまま。続く山川のオリックス左翼の吉田正が目測を誤るラッキーなヒットもあり、1死二、三塁。ここで森が右中間に逆転2点二塁打を放った。

 9回は増田が抑えて昨季のパ王者を相手に勝ち越して2022年のスタートを切った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング