キング2得点で福岡9戦負けなし 鳥栖は林大地がゴール【プレーバック九州ダービー】

西日本スポーツ

 J1福岡と鳥栖の九州ダービーが4月1日、福岡のホーム、ベスト電器スタジアムで行われます。

 長谷部監督3年目で攻守に進化が止まらない福岡と、これまでのベースに川井監督のエッセンスを加えた鳥栖の試合は見どころ満載の注目カード。今季J1で唯一の九州ダービーは熱い戦いの予感がします。

 両チームがともにJ1で戦った2016年と21年の九州ダービーのJリーグ公式戦の記事を当時のまま1試合づつアップ。第5回は21年4月のルヴァンカップ。城後の2得点で福岡が快勝しました。

   ◇   ◇

 A組のアビスパ福岡とサガン鳥栖の「九州ダービー」は、福岡が4-1で快勝した。ともに1次リーグでの敗退が決まっていたが、福岡は勝ち点8に伸ばした。

   ◇   ◇

 チームの状態の良さを示す華やかなゴールラッシュだった。1次リーグ突破は逃していた福岡だったが九州のライバルをホームで圧倒した。今季の公式戦最多の4得点。長谷部監督は「狙い通りの形を出せた。今回は選手を褒めないと」と目を細めた。

 前半8分、左からのクロスに城後が頭で押し込んで先制。ルヴァン・カップ開幕戦の札幌戦以来のゴールで存在感を示した35歳のベテランは、後半11分にも右からのクロスに再び頭であわせて追加点を奪った。「自分の特徴が出せたゴールだった」と振り返った。

 これでチームは公式戦9戦負けなしだ。「チームは一人一人が自信にあふれてプレーしている。この試合も勝って次につなげたかった」と城後。勢いに乗り、22日の湘南戦でJ1でのクラブ記録を更新するリーグ戦6連勝に挑む。 (松田達也)

   ◇   ◇

 鳥栖は未勝利で大会を終えた。福岡に守備を崩され、4点の大差を付けられた後に途中出場の林が1点を返すにとどまった。3位につけるリーグ戦ではわずか6失点という堅守を誇るが、大幅にメンバーを入れ替えて戦ったルヴァン・カップでは6試合で計17失点を喫した。金明輝監督は「自分たちのやり方をもう一回、修正しないといけない」と悔やんだ。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング