「モイネロと森は投げさせないと決めていた」藤本監督

西日本スポーツ

 ◆ロッテ1-3ソフトバンク(31日、ZOZOマリンスタジアム)

 -大関がプロ初勝利。

 行けるところまで行ってもらおうと思って。7回は得点圏に(走者が)行ったら代えると決めていた。まさかボークでとはね。でも、よく投げてくれた。

 -顔つきも堂々としていた。

 元々、堂々とした顔やから。ポーカーフェースだからね。こういう気持ちで投げてくれたら、これから楽しみ。

 -継投もはまった。

 モイネロと森は投げさせないと決めていた。うまくはまりましたね。

 -中村晃も好調。

 出塁への意識を高くやってもらっているのでね。チャンスメークもするし、打点も挙げてくれる。当分、5、6番でいこうかなと思う。

 -柳町も2安打。

 内野安打だけど、しっかり打っているのでね。1軍でずっと使ったら2割7~8分打てる。栗原が戻って来るまでに結果を出して、レギュラーを取ってくれたらいいんじゃないか。

 -8回には牧原大が代打でタイムリー。

 その前で上林(空振り三振)が何とかね。あそこの1点なんですよ。牧原が代打でよく打ってくれた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ