西武山川、右太もも裏の軽度の肉離れで登録抹消 リーグ打撃3冠の主砲が痛い戦線離脱

西日本スポーツ

 西武は1日、山川穂高内野手(30)の出場選手登録を抹消した。同日に東京都内の病院を受診して「右太もも裏の軽度の肉離れ」と診断された。

 3月30日の日本ハム戦(札幌ドーム)の走塁中に右太もも裏を痛めて途中交代し、同31日の同カードはベンチ入りメンバーから外れていた。

 今季は3試合連続本塁打を放つなど開幕から打撃好調で、打率4割4分4厘、4本塁打、9打点はいずれもリーグトップだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ