武田、離脱後初の打撃投手

西日本スポーツ

 リハビリ組で調整中のソフトバンク武田が、離脱後初めて打撃投手を務めた。

 筑後の屋内練習場で約50球を投げ「いいバランスで投げることができた」とうなずいた。春季キャンプ中の2月6日の練習でキャッチボールを途中で切り上げ、広背筋付着部炎と診断されていた。

 経過が順調なら1週間後のシート打撃に登板し、実戦復帰に備えていく。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ