ソフトバンク、連敗3で止める 三森と上林が3ラン

西日本スポーツ

 ◆日本ハム3-9ソフトバンク(23日、札幌ドーム)

 初回に先制を許したソフトバンクが、2回に三森の3ランなどで逆転。3回にも上林が3ランを放ち突き放した。プロ初登板初先発した12日のロッテ戦(長崎)で6回途中無失点と「満点デビュー」してから中10日での先発した田上は1回2/3を投げ、2安打5四球2失点で降板。2番手の大関が好投して今季2勝目を挙げ、チームの連敗は3で止まった。

 プロ初勝利を狙ったソフトバンクの田上は苦い2度目のマウンドとなった。「初回から必要以上に力んでしまいまった。マウンドで何とか修正しようと思ったが、できなかった。早い回で降板してしまい申し訳ないし、悔しい」とコメントした。

 3号3ランを放った三森は「カットボールを捉えることができました。甲斐さんが粘ってくれたので、ネクストでしっかりタイミングを合わせて打席に入ることができました」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ